ボート整備

【ボート整備備忘録⑧】

投稿日:

ボート整備で気になった点を改善しました。

船外機のアノード(犠牲金属)を装着している際に、
ボルト回しすぎてどうもねじ山を破壊した様子・・・
回してもきっちりしまらなくなり、ネジ山が馬鹿になった・・・と途方に暮れていました。

ロワーケースごと変えるとなると何十万とお金かかります。
とはいえ、アノードが付いていないと金属劣化が激しくなりそうで不安。

ネジ止め剤で何とかならんかと思ってやってみましたが、ぐらつきがあり
エンジンの振動を考えると簡単に吹き飛びそう。

しかし、そういうときほど頭は働くもので・・・
最終的にはこうなりました!

アノードをがっちり固定

破壊したねじ穴をのぞいてみると、ボルトが届いていなかったスペースに
結構ねじ山が残っていて「それならば!」とそのねじ山を有効活用。

寸切ボルトを購入してきて、ねじ止め剤を塗って固定します。

ねじ山もヘッドもないものを寸切ボルトっていうんです。

その後、アノードを通して、ワッシャー、スプリングワッシャー、ナットの順で絞めたところ
がっちり固定できました。
ついでにダブルナットにして、ナットのゆるみも防ぎます。
藻とかラインが引っ掛からなければこれで問題なし。
もし頻繁に物が引っ掛かるようならもう少し短い寸切ボルトに交換です。

なんでも創意工夫で乗り切るのです。

レクタングル




レクタングル




-ボート整備
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ボート整備備忘録⑯低圧フューエルフィルタ編】

アイドリング不安定のため自分で整備を進めていっています。備忘録とともに誰かの参考になればという思いで書いておりますのでご参考になれば幸いです。今回は低圧フューエルフィルタ。正直、症状改善の本命ではあり …

レーダー搭載!使い方はまだこれからですが・・・~安全第一の航行~

レーダー搭載について レーダーは自船から電波を飛ばし、他船の航行状況を確認できる装備です。 暗いうちから出船する際、航路などで他船の進行方向を目視で確認する場合、 大型船などは動きがイメージしにくく非 …

【ボート整備備忘録⑬高圧フューエルフィルター編】

アイドリングの状態でエンジンが振動する状況で、整備を続けています。エンジンオイルの添加剤では大きく回復しなかったため、簡易的な回復をあきらめ、部品交換などをチャレンジしていきます。多分、IAC(アイド …

ボート整備 備忘録 SUZUKI DF-100A ~エンジンオイル交換編~

エンジンオイル交換、自分でやる?他人に頼む? ボート整備は車と違い、水に浮いている分、定期的に整備を行うのが難しいものです。 しかし、海での係留など塩害もあるボートエンジンは非常に過酷な環境で日々をす …

【ボート整備備忘録⑪】

コロナ余波で緊急事態宣言発令!ボート整備は3密にはならないようなので一人で黙々と船の整備です。最近アイドリング中にエンジンの振動が大きくなった気がするので、燃料系を疑ってみました。 ノギスで測ってみる …

LINE@

友だち追加

feedly+rss

follow us in feedly 

ラージスカイスクレイパー




検索

博多湾ボートシーバス.com