【シーバス講座】

【シーバスを釣るために】

シーバスを釣るための基本的なタックルを紹介します。
ボートフィッシングでもっとも根本的なタックルで一番応用が利きやすいものになると思います。
私は博多湾の魚はほとんどこのタックルで釣りますので、万能なタックルといえるでしょう。
それが故に拘っていることも多いのですが、初心者の方がそろえやすいようにコストパフォーマンスの高いものを紹介しています。

【ロッド】

過剰なパワーと強力なネバリ。モンスター対応
【ココ大切!】
バスロッドの場合はガイド口径が小さいのでラインシステムが抜けにくい欠点がある。ボートシーバス用のロッドはガイド径が大きめなのでトラブルが少なくできる。特にトルザイトリングなどを使ったロッドは高価だが、ラインシステムが抜けやすいのでキャスト距離も伸びる。

【リール】

LEXA レグザ。タフな環境下での使用に適した小型スピニングリール。シーバス、大型トラウト、ショアジギング、ロックフィッシュゲームなどにおすすめのモデル。軽量かつ堅牢ボディと、塩ガミを防止する滑らかな巻き心地を生み出す「マグシールド」が、アングラーのソルトゲームを快適なものにする。
【ココ大切!】
リールを選ぶ際は1巻きでどれくらい巻き取れるかなどギア比についても考えておく必要がある。
近年ハイギア(1回転で巻ける量が多い)が主流になりつつあるが、ハイギアは巻きが重いという部分もあるので実際に触ってみて購入を検討するほうが良い。
また、ダイワとシマノの2ブランドから選ぶことが多いと思うが、ダイワは堅牢製、シマノは滑らかさが売り。

【ライン】

号数:1.0号 / 全長:200m / 強度:20.8lb / 編み:4本編み/カラー:10m毎に5色分け(オレンジ/パープル/グリーン/レッド/ブルー) / マーキング:1m単位に白黒白/5m単位に黄色)
【ココ大切!】
ラピノヴァX マルチカラーは10mごとにカラーが変化するので、どの程度ラインが出ているか手元でわかりやすい。シーバスではあまり気にならないがタイラバやライトジギングと併用するなら水深がわかりやすいマルチカラーがオススメ。また、細いラインは飛距離が出やすいが扱いが難しく初心者はライン切れによるルアーロストが頻発する可能性があるので、1.2号~1.5号くらいが推奨となる。また200m程度巻いておいたほうが他の釣りにも使いやすく不意な大物にも対応できる。

【リーダー】
※そもそもリーダーって何のために必要?

「強さ」と「しなやかさ」の絶妙なバランスを持った船専用ハリスです。大口径スプールと高い撥水性で実現した糸さばきの良さ、水に近い屈折率のクリアラインで、水中のカモフラージュハリスを演出します。また、極めて低い吸水性で、長時間の水中使用でも高強度を維持します。
【ココ大切!】
リーダーはフロロカーボン100%のものがおススメ。ナイロンと比べると硬く感じるかもしれないが、瀬ズレや魚の鱗に当たっても切れることなく魚を寄せてきてくれる。専用リーダーなど20mで2000円もする高価なものも販売されているが、結局は頻繁に換えるほうが多くの魚が捕れるので、安くて長く巻かれているものを購入したほうが気軽に換えられる。

【メインラインとリーダーのノット】

メインラインとリーダーを結束するためのFGノット。
シーバス釣りはキャストがあるためノットは小さく、ガイド抜けが良いFGノットが適している。
初めのころはノットがうまく結べないが、練習あるのみ!

【ルアー】

さらに遠く、深くを釣るためのタングステンウエイト内臓バージョン。70の場合、ウエイトはES/15.0gに対してTG/20.0g。30%以上も重くなることで、飛距離が向上、かつディープレンジをトレースしやすくなり、プロダクティブゾーンが3次元的に拡大します。アクションはほぼ変わらず、スローリトリーブ時のみ若干タイトになっています。
【ココ大切!】
レンジバイブは博多湾で最強定番として使われているルアー。TGはタングステンの意味だが、同じ大きさのルアーでも重りとして内蔵されいているものが鉛かタングステンかで飛距離や潜行スピード、引けるレンジが変わる。多少高くてもレンジバイブ70mmTGは必ず持っておいたほうが良いルアー。

【フック】

唯一無二の強度・防錆効果を誇る「トレブルRB」シリーズのスタンダードモデルです。シーバスゲームやビッグトラウトをターゲットとしたゲームフィッシングに最適な#7-#14が追加。
【ココ大切!】
ルアーについてくるフックはあまり信用しない。いきなり交換がおすすめ!フックは魚との唯一の接点なので、必ず鋭敏な針先を維持するようにする。ヒットやバラシ、根掛りなどがあった場合はチェックして刺さりが悪ければすぐに交換するなどの繊細さが必要。がまかつのRB-MHはとんでもなく刺さる上に耐久性もかなり高い。現在一番信頼の置けるフックだと思う。頻繁に交換するためには割安な徳用購入がオススメ!

 【キーポイント① ノットの習得】

初心者が起こしやすいライントラブル。もっとも多いのはPEラインとリーダーの結束部分からのラインブレイク。しっかりとしたノットが組めれば、メータークラスにも十分対応できるラインなのに、なぜか切れてしまいます。まずは、しっかりとしたFGノットが組めるように練習しましょう。
またルアーとの結束ではフリーノットを推奨しています。スナップは伸びてせっかくのランカーを逃がすことが多いです。ルアーチェンジのたびにノットを新しくするほうが、トータル的にラインブレイクは減らせます。

【キーポイント② キャスティング力向上】

キャスティングの精度や飛距離が釣果に大きく影響します。まずは遠くに投げられるように近くの川や堤防などで 30m~ 40m 程度は投げられるように練習しておきましょう(オモリは 20g 前後のもので)。遠くまで投げれるとそれだけ広範囲に魚を探れます。

【キーポイント③ 信じてタダ巻き】

初心者に多いですが、1 投ごとにルアーを変えてみたり、ロッドアクションを激しくつけてみたりと、魚が食べにくい状況を作ってしまっていることがあります。ルアーのカラーやロッドアクションは賛否両論のところですが、まずは魚を釣る経験を積むことが大切です。カラーは水が澄んでいればシルバー系、濁っていればゴールド系と割り切って、一定のスピード(1秒2回転程度)でリーリング(タダ巻き)してみてください。きっと良い釣果をもたらしてくれるでしょう。

投稿日:2017-07-24 更新日:

執筆者:

LINE@

友だち追加

feedly+rss

follow us in feedly 

ラージスカイスクレイパー




検索

博多湾ボートシーバス.com