ボート整備

【ボート整備備忘録⑱スロットルバルブ編】

投稿日:

アイドリング不安定のため自分で整備を進めていっています。備忘録とともに誰かの参考になればという思いで書いておりますのでご参考になれば幸いです。

今回はスロットルバルブ。

エンジンの吸気に関してはメイン入り口となります。

このパーツが汚れたり詰まったりすると吸気がうまくいかなくなり、エンストを起こしたり燃焼不良を起こしたりします。

特に吸気口は汚れが溜まりやすいため、定期的な清掃が必要となります。

スロットルバルブはこれ↓

清掃完了!

入り口付近を掃除する場合は、キャブクリーナーなどをウェスに含ませてじっくり汚れにあてて分解していきます。スロットルレバーを上げると、バタフライ(吸気を調整する弁)が開くのでバタフライ周辺や裏側もきれいにします。

また、以前の記事にバイパススクリュの清掃を載せましたが、吸気全体をつかさどる大切なパーツとなっています。

今回は交換とまでは行きませんでしたが、このパーツが異様に高い!

品番:13300-90J00 スロットルボディー 40,590円
品番:13421-90J01 ガスケット 165円

4万円越え!

清掃で何とか解決してほしいと思う金額です。

ただ、故障した場合はどうしようもないとなるケースもあります。

そして、整備するとかなり効果のある部分ではありますので、定期的な清掃は行うべきでしょう。

今回の清掃でうまく動くようになればいいのですが・・・

-ボート整備
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ボート整備備忘録⑧】

ボート整備で気になった点を改善しました。船外機のアノード(犠牲金属)を装着している際に、ボルト回しすぎてどうもねじ山を破壊した様子・・・回してもきっちりしまらなくなり、ネジ山が馬鹿になった・・・と途方 …

マリンヒンジの交換 ~よく壊れるけどどこで買う?ボートの天蓋の蝶番~

マリンヒンジの交換備忘録について(品番:BP-19-1-2-S) マリンヒンジとはボートの扉や生け簀、燃料スペースなどのハッチを支える蝶番(チョウツガイ)です。 タキゲン マリンヒンジ 海上係留は塩分 …

【ボート整備備忘録②】

【ボート整備】お正月休みでさらなるボート整備を行いました。まずは、先日取り付けたソーラーパネルの充電状況確認。 ちゃんと充電されております。 緑のランプはソーラーパネルが働いて充電している状況。赤のラ …

【ボート整備備忘録⑪】

コロナ余波で緊急事態宣言発令!ボート整備は3密にはならないようなので一人で黙々と船の整備です。最近アイドリング中にエンジンの振動が大きくなった気がするので、燃料系を疑ってみました。 ノギスで測ってみる …

【ボート整備備忘録⑰イグニッションコイル編】

アイドリング不安定のため自分で整備を進めていっています。備忘録とともに誰かの参考になればという思いで書いておりますのでご参考になれば幸いです。 今回はイグニッションコイル。プラグへ電力を送るコードで、 …