ボート整備

【ボート整備備忘録⑱スロットルバルブ編】

投稿日:

アイドリング不安定のため自分で整備を進めていっています。備忘録とともに誰かの参考になればという思いで書いておりますのでご参考になれば幸いです。

今回はスロットルバルブ。

エンジンの吸気に関してはメイン入り口となります。

このパーツが汚れたり詰まったりすると吸気がうまくいかなくなり、エンストを起こしたり燃焼不良を起こしたりします。

特に吸気口は汚れが溜まりやすいため、定期的な清掃が必要となります。

スロットルバルブはこれ↓

清掃完了!

入り口付近を掃除する場合は、キャブクリーナーなどをウェスに含ませてじっくり汚れにあてて分解していきます。スロットルレバーを上げると、バタフライ(吸気を調整する弁)が開くのでバタフライ周辺や裏側もきれいにします。

また、以前の記事にバイパススクリュの清掃を載せましたが、吸気全体をつかさどる大切なパーツとなっています。

今回は交換とまでは行きませんでしたが、このパーツが異様に高い!

品番:13300-90J00 スロットルボディー 40,590円
品番:13421-90J01 ガスケット 165円

4万円越え!

清掃で何とか解決してほしいと思う金額です。

ただ、故障した場合はどうしようもないとなるケースもあります。

そして、整備するとかなり効果のある部分ではありますので、定期的な清掃は行うべきでしょう。

今回の清掃でうまく動くようになればいいのですが・・・

レクタングル




レクタングル




-ボート整備
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ボート整備備忘録⑯低圧フューエルフィルタ編】

アイドリング不安定のため自分で整備を進めていっています。備忘録とともに誰かの参考になればという思いで書いておりますのでご参考になれば幸いです。今回は低圧フューエルフィルタ。正直、症状改善の本命ではあり …

ボート整備 備忘録 SUZUKI DF-100A ~エンジンオイル交換編~

エンジンオイル交換、自分でやる?他人に頼む? ボート整備は車と違い、水に浮いている分、定期的に整備を行うのが難しいものです。 しかし、海での係留など塩害もあるボートエンジンは非常に過酷な環境で日々をす …

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。新年早々、ボートの艤装を行いまして、ソーラーパネル追加となりました。さらに、もう一枚設置する予定ですので、バッテリーと配線変更を実施し …

【ボート整備備忘録⑲IACバルブ交換編】

アイドリング不安定のため自分で整備を進めていっています。備忘録とともに誰かの参考になればという思いで書いておりますのでご参考になれば幸いです。 さて、待ちに待ったIACバルブが到着しました。ようやく交 …

【ボート整備備忘録⑧】

ボート整備で気になった点を改善しました。船外機のアノード(犠牲金属)を装着している際に、ボルト回しすぎてどうもねじ山を破壊した様子・・・回してもきっちりしまらなくなり、ネジ山が馬鹿になった・・・と途方 …

LINE@

友だち追加

feedly+rss

follow us in feedly 

ラージスカイスクレイパー




検索

博多湾ボートシーバス.com