Q&A イサキ ジギング

スーパーライトジギングのフック考察 ~ダブルフックの作り方と装着例~

投稿日:2017-09-16 更新日:

鯛ジギングやイサキジギングなどのタングステンジグなどを使ったスーパーライトジギングで、
ダブルフックを使用することが多くなっています。
市販のものも非常に優秀ではありますが、なかなかの価格・・・。
ということで、手持ちのフックで作ってしまえということで、タイラバフックを使ってそれらしきフックをつけてみたところ、
何の問題もなく使えました。
ご質問いただいたこともあり、データベースとして作り方や装着例をご参考まで・・・。

【必要な物】

フックとソリッドリング、シーラインなどの部材と、キーホルダー用リングなどの鉄のリング×2、ペンチ(100均でOK)、はさみ、
となっています。
後は長さを計る定規などがあれば、なお良いです。

フックはタイラバ用(徳用)、ソリッドリング(5.5)はカルティバ、シーライン10号(赤)を使っています。
フックが小さいという心配があるかもしれませんが、今までで大型マダイや青物でも折れたことはありません。
細軸ですが非常に強いフックです!

フックはLサイズがいいかと思いますが、ソリッドリングは使用するルアーの大きさによって変更したほうがいいかもしれません。
あまり大きすぎると、絡みの原因となりそうです。

【フックを結ぶ】
 
4回ほど回して締めこみます。
回数は人それぞれあると思いますが、3~4回程度で抜けたことはありません。


ある程度仮で締めこんだら、ペンチと締め込み用リングを使ってさらに本締めを行います。


締め込みが終わったら必要分の長さを測ってシーラインを切ります。
基準は10cm程度で後は長短を好みで。


そして反対側のフックを同様に取り付けます。


ある程度締め込みができたらリングを2つ使って本締めを行い、端糸を切ります。


ダブルフックが出来上がったらソリッドリングを取り付けます。


まず図のようにソリッドリングにシーラインを通して、折り返します。


その後、折り返してできた輪(左右どちらでも良い)にソリッドリングを通して仮締め。


ペンチと締め込み用のリングを使って本締めを行ったら完成!


装着例はこんな感じです。

フックが多いので絡むかな?と思っていましたが、ほとんど絡みはなく、
また、魚がフッキングすると4本のフックのどれかがアシストで掛かるので
キャッチ率はかなり高くなると思います。

買うと結構な値段がするダブルフックも自作してしまえば安価に出来上がるので
ぜひお試しください!

-Q&A, イサキ, ジギング
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【釣果ログ】タイラバ+ジギング釣行~頑張りましたが今一つ~

【釣果ログ】 マダイ×3 60cm~70cm ヒラゴ×1 2.5kg ヤズ×1 3kg レンコダイ×3 中 イトヨリ×1 今回は4名のご参加。 朝早くからマダイ目指して頑張ります。 開始早々、ひと流し …

フックについての考察① ~キャッチ率をUPするには?~

フックの重要性について 釣り全般に言えることだと思いますが、僕はもっとも大切な釣り道具はフックだと思っています。 竿がなくてもリールがなくても釣ろうと思えば釣れます。 ラインは少々太くても細くても、何 …

【釣果ログ】タチウオからのリレー船~青物復調の兆し~

【釣果ログ】ヒラゴ×1 4kgヤズ×1 3kgタチウオ×37 指3~4本アコウ×4 小~大アヤメカサゴ×1 小ヤリイカ×5 小~中フッコ×6 55cm~60cm 今回は3名のご参加。夜に居酒屋に魚を持 …

【釣果ログ】激渋ジギング釣行~活路はどこだ?~

【釣果ログ】ヒラゴ×3 2kg~3.5kgヤズ×4 1kg~3kgアヤメカサゴ×2 小アラカブ×1 小セイゴ×2 20cm~35cm 今回は3名のご参加。予報より風もなく、平和な出航となりました。開始 …

【釣果ログ】べた凪の中ジギング~予想外の激渋と鳥の翻弄~

【釣果ログ】スマガツオ×1 小アコウ×3 大~小アカヤガラ×1 中シイラ×6 40cm~60cm 今回は4名のご参加天気も良いので意気揚々とジギングです。はじめは近場ポイントから様子を見るも、全くと言 …