ボート整備

【ボート整備備忘録⑨】

投稿日:

強風のため釣行が中止になり、整備の時間となりました。

以前より気になっていたエンジンの温度低下。

色々調べてみると、「オーバークール」という症状?

購入当初は180℃程度の温度でしたが、(中古なので適正なのかわかりませんが・・・)

その後急に120℃前後を計測するようになり、「なんで?」と思っていました。

しかしまあ、温度が低いならオーバーヒートしないからいいんじゃなかろうか?

という素人考えでしたが、調べていくうちにエンジン温度は低すぎると燃焼が悪くなり、いろいろ弊害があるとのこと。

故障なのか~と調べてみると、サーモスタット交換で改善するとある。

早速サーモスタット注文しまして、交換です。

純正新品!ネオネットマリンで2700円也!

ネットでダウンロードしたサービスマニュアルを見ながら、ボルトを3つ外すと

これがサーモスタット。

あっさりサーモスタット登場。

マイナスドライバーでこじりながら引っ張るとあっさり外れます。

サーモスタット・・・開いてます。

新品と見比べるとかなりの老朽化。まさにネットで見たオーバークールの状態。エンジンさん、今まで気づかなくてすみません。

サーモスタット開きっぱなしだったようなので、それで一気に水温が落ちたようです。

その弊害かどうかわかりませんが、エンジンかけるタイミングによって、急に3000回転までの規制がかかったりしていたので、

もしかしたらこれが原因かも?これを機に治るといいなあ!!

設置スペースの塩ガミもきれいに除去

新品パーツを設置する際に、しっかり塩を除去します。スクレーパー、CRCスプレーなどをかけて、取り除きます。

次回交換のため、グリスを薄く塗りサーモスタット設置です。

なお、締め付けのボルトもグリスを少し塗ってから締め付けましたので、次回も固着なく取り外せるでしょう。

そのほか、エンジンオイルの交換、イカ用のライト撤去、レーダーリフレクター撤去(しばらく夜間航行がないため)など行いまして、エンジン始動!

気持ち掛りもよくなった気がします!

で、エンジンの温度は?というと、アイドリングで150℃前後、走行してみると180℃手前でストップという感じです。サーモスタット・・・大事やなぁ

適正温度がどれくらいなのかはわかりませんが、これから調査しながら、エンジンの特性を理解していきたいと思います。

検水口からの水も以前より勢い良くなり、いろいろと問題が解決したようでとってもいい気分!

以前から思っていましたが、釣りも好きだけど船も好き。そして整備も好きなんだと思います。自分で治すって楽しい!

愛艇が調子いいので、来週もまた釣行に出かけようと思うのでした!

レクタングル




レクタングル




-ボート整備
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ボート整備備忘録⑧】

ボート整備で気になった点を改善しました。船外機のアノード(犠牲金属)を装着している際に、ボルト回しすぎてどうもねじ山を破壊した様子・・・回してもきっちりしまらなくなり、ネジ山が馬鹿になった・・・と途方 …

【故障→復帰までの道のり】

8月末よりブログ更新が停止しておりまして、ご心配のお声もいただきましたが、エンジンが致命的な故障を起こし換装に時間がかかっておりました。本日ようやくボートが戻りましたので、ブログも復活となります! ボ …

【ボート整備備忘録⑦】

週末に船が出せない天候となりましたので、上架して清掃を行いました。 船底塗装など終えまして、春からの釣行頑張ります。 船底塗装を行おうと、前々から買っていた船底塗料を見て愕然・・・。 プラドールZの黒 …

マリンヒンジの交換 ~よく壊れるけどどこで買う?ボートの天蓋の蝶番~

マリンヒンジの交換備忘録について(品番:BP-19-1-2-S) マリンヒンジとはボートの扉や生け簀、燃料スペースなどのハッチを支える蝶番(チョウツガイ)です。 タキゲン マリンヒンジ 海上係留は塩分 …

レーダー搭載!使い方はまだこれからですが・・・~安全第一の航行~

レーダー搭載について レーダーは自船から電波を飛ばし、他船の航行状況を確認できる装備です。 暗いうちから出船する際、航路などで他船の進行方向を目視で確認する場合、 大型船などは動きがイメージしにくく非 …

LINE@

友だち追加

feedly+rss

follow us in feedly 

ラージスカイスクレイパー




検索

博多湾ボートシーバス.com