ボート整備

【ボート整備備忘録⑬高圧フューエルフィルター編】

投稿日:

アイドリングの状態でエンジンが振動する状況で、整備を続けています。

エンジンオイルの添加剤では大きく回復しなかったため、簡易的な回復をあきらめ、部品交換などをチャレンジしていきます。

多分、IAC(アイドルエアコントロール)バルブの問題なんだろうな、というアタリはついているものの、IACの純正部品をこちらのサイト(パーツリストもダウンロードできます)でお願いしたところ納品に2週間程度かかるとのこと。
しばらく待っている間に他の部分の部品交換にも取り掛かっておきます。

【高圧フューエルフィルタ交換】

当初疑っていたのは燃料がうまく行き届いていないため、燃料不足でエンジンが振動しているのかと思っていました。
いろいろ調べていくうえで、きっと吸気系だろうということはわかってきたのですが、年数も経ってきているため、ここで燃料フィルタはすべて交換すべきだと判断して交換です。

高圧フューエルフィルタとはこの部品↓

品番:15440-90J00 高圧フューエルフィルタ 5,390円

燃料を通すフィルタということでメーカー推奨資料では1000時間で交換とのこと。

今まで交換したことありませんでした。
ゆうに1000時間は超えていると思います。
船外機の説明書にはそんなこと書いてなかったなあ~。

パーツリストで行くとコレ!

黒いサイレンサーエアダクトの下にありますので、まずはそれを取り外します。2か所のボルトを外すだけで取れますので、意外と簡単です。

高圧フューエルフィルター取り外し成功!

高圧フューエルフィルタの固定もボルト2本なので、比較的簡単ですが燃料パイプのクランプを外すのがなかなか難儀です。

特に下のパイプが外れず、上向きにエイヤ!と引っ張って取り外す感じです。

ただ、フィルタ内には燃料が残っていると思いますので、外れると同時にガソリンがボタボタと漏れます。雑巾など敷いておいた方が賢明です。

新品を取付完了!

新しいものに入れ替え取付完了!今回フィルターのみ購入したので、固定ステーなどは前のフィルタから取り外し流用です。まあ、固定ステーなどは多少古くても何の問題もありません。

これで直ってくれればいいなあと思いながらエンジンを掛けると、ちゃんとかかりますが、振動の症状は残ったまま・・・。

まあ、やっぱり吸気系ですよね。

しかし、ある程度ばらせるようになってきたので、その点は良し!
スズキの船外機なら結構構造が分かってきた感じになってきました!
ほかの船外機も似たようなものかな?

何でも自分でできるもん!

次回また部品が届いたら整備の続きに入ります!

レクタングル




レクタングル




-ボート整備
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【ボート整備備忘録⑥】

ボート整備を行いましたので、記録として記載しております。 まずはレーダーリフレクター。 大型船のレーダー照射を反射し、小型船でもレーダー上に映し出す装備。 特にFRPの船はレーダーの反射率が悪いため、 …

マリンヒンジの交換 ~よく壊れるけどどこで買う?ボートの天蓋の蝶番~

マリンヒンジの交換備忘録について(品番:BP-19-1-2-S) マリンヒンジとはボートの扉や生け簀、燃料スペースなどのハッチを支える蝶番(チョウツガイ)です。 タキゲン マリンヒンジ 海上係留は塩分 …

【ボート整備備忘録⑧】

ボート整備で気になった点を改善しました。船外機のアノード(犠牲金属)を装着している際に、ボルト回しすぎてどうもねじ山を破壊した様子・・・回してもきっちりしまらなくなり、ネジ山が馬鹿になった・・・と途方 …

【ボート整備備忘録⑫添加剤編】

4月からどうもアイドリング時の振動が気になっており、エンジンオイルを変えたりプラグやフィルターを交換したりといろいろがんばりましたが、今一つ改善につながっていません。高速走行をする場合は何の問題もない …

【ボート整備備忘録⑪】

コロナ余波で緊急事態宣言発令!ボート整備は3密にはならないようなので一人で黙々と船の整備です。最近アイドリング中にエンジンの振動が大きくなった気がするので、燃料系を疑ってみました。 ノギスで測ってみる …

LINE@

友だち追加

feedly+rss

follow us in feedly 

ラージスカイスクレイパー




検索

博多湾ボートシーバス.com