Q&A シーバス 日々考察

フックについての考察② ~バイブレーションはトリプルフックとシングルフックどちらが有利?~

投稿日:2017-08-05 更新日:

~トリプルフックとシングルフックはどちらが有利?~

釣りを始めた方によくされる質問です。釣り方によっても異なるので個人的見解ではありますが、感じたことをデータとしてまとめておきます。
(前提としてですが、シーバスの場合、個人的にはバイブレーションばかり使っているのでバイブレーション前提ということでお話を進めていきます。ジグなどではシングルフックがからみが少ない分圧倒的に有利です。)

結論からお話すれば、掛けるまでであればトリプルフックに分があり、掛かってからのキャッチ率で行けばシングルフックに分があると思います。
さて、ここで私はどちらを使ってるかということですが、トリプルフックを使っています。
なぜか?
理由は以下の3点!

【1点目】
ルアーという特性上、アタックしてきた魚は、がっぽり食い込むことよりもルアーを半分くらい口から出して、またはルアーが口意外にかかっている状態で、180度、反転していることが多いと思います。つまりフックが掛かる方向が多いほど、バイトがフッキングにつながることが多いと思っています。

【2点目】
メインターゲットのシーバスは捕食が下手だということです。以前、シーバスの捕食シーンを撮ったビデオを何本も見たことがありますが、ほんとに自然界で食っていけるんか?というくらいミスバイトが多い魚です。
本当にざっくりアタックしています。
ですからフックの刺さる範囲が広くないとフッキングしないことが多いと考えているからです。

【3点目】
後掛けできる点です。
バイトを掛けた後も、フックは顔周辺に、かかったり、はずれたりを繰り返しながら魚を寄せてきています。ロッドを見ているとフックが外れた瞬間が結構わかります。
フッと軽くなると、バレた?と思って心臓に悪いですが。
ですので、私は魚が浮いてきたら、フックの掛かり方を見て、掛かっていないフックがあればロッドワークで後掛けるようにします。フックが1つしか掛かっていないより、2つ掛けてしまったほうが絶対にキャッチしやすいです。これはトリプルフックでないと無理と思います。

ただし、シングルフックが悪いわけではありません。

シーバスは捕食が下手ですが、いわゆるバキュームバイトをします。周りの水も一緒に吸い込みながら獲物を捕食する方法です。
口がでかくて、エラ周辺の皮膚が薄く大きく開くのが証拠です。

吸い込むには重いものは不向きです。

シングルフックは吸い込まれやすいので、口の中に入る可能性が高く、口の中に掛かってしまえば少々のヘッドシェイクでは、外れないフッキングにつながると思います。

さて、どちらも一長一短ありますが、トリプル、シングルともに、ばれにくくする方策があります。

それはフックとスプリットリングの間にケプラーやシーラインのような繊維糸を使ってリジットを防ぐことです。
※リジット→可動域が少なくなってしまい固定化してしまうこと

フックが魚の動きに追従できる範囲が広がれば、確実にばれにくくなります。

ただし、欠点もあります。

これには一回一回結びなおしてフックを交換する必要があり、効率的とは言いにくい点です。

また、フックとボディーに距離が開く分、ルアーのフック背負い込みが多くなります。これはシングルフックを使うとよくわかりますが、フロントフックをよく背負い込みます。

これらを総合的に鑑みて、私が考えたのは、

①トリプルフックでバイトをフッキングに近づける。
②フロントフックは背負い込まない距離のスプリットを使う。
③リアフックは距離を延ばして可動範囲を増やし、掛かりやすくバレにくくする。

この3点が理想とまではいかないですが、ある程度、結果を得られた実績と思っています。

なお、③で可動範囲を伸ばすためにボウスのひし形スプリットリングを使用しています。
少し値段が高いですが、フックの交換もしやすいのでケプラーなどよりは簡単に導入できます。
※シーバスのバイブレーションには70lb~100lbがちょうどいいと思います。

フロントにもこのリングを使ったことがありますが、背負い込んだりキャスト時に絡む原因となるので現在は使っていません。

フックは本当に大切なファクターですね。

こういう研究を重ねるのも釣りの楽しみの一つですから。

ま、偉そうに語っていますが、
慎重にいってもバレるときはバレるし、
バレないときは何してもバレません。

そして、釣りはバレるからこそ面白い!

レクタングル




レクタングル




-Q&A, シーバス, 日々考察
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【釣果ログ】厳寒の玄界灘。そして雨と風~セイゴとアジは釣り放題~

【釣果ログ】 フッコ×2 55cm セイゴ×∞ 30cm~45cm アジ×∞ 小 今回は1名での緊急釣行。 雨の様子をうかがいながら湾内で細々と遊びます。 テーマは前回の連発が再現性があるのかどうかを …

【釣果ログ】

【釣果ログ】フッコ×2セイゴ×30 今回は春イカ狙いで頑張ってみましたがイカについては追いかけてきたのみで異常なし・・・風雨が強まり湾内に戻り、手を変え品を変え頑張ってみますがセイゴのみ元気。たまにフ …

タングステンジグの恩恵 ~特徴と利点について~

~タングステンジグって?~ 昨年からタングステンジグによるスーパーライトジギングが活況です。もともと、イサキやアジ、マダイをジグで狙うというものですが、主にタングステンジグを使った釣りをさしてスーパー …

【釣果ログ】シーバスの終焉とアジング~釣れるには釣れるが・・・~

【釣果ログ】フッコ×4 55cmセイゴ×25 20cm~40cmアジ×25 15cm~25cmミズダコ×1 小コウイカ×1 小 今回は4名のご参加。大型のシーバスはすでに可能性が低く、開始からセイゴの …

【釣果ログ】タチウオ・シーバスで雨の中の取材~ずぶぬれで頑張ります~

【釣果ログ】 今回はとある取材のため詳細の発表は控えさせていただきます。 釣れた写真のみ掲載です。 【今日のひとこと】 女性はなんでか釣れる。そしてなぜ彼は裸?

LINE@

友だち追加

feedly+rss

follow us in feedly 

ラージスカイスクレイパー




検索

博多湾ボートシーバス.com