Q&A タックル整備 日々考察

激アツ真夏を乗り越えるグッズ ~日焼け対策は最も重要な釣りの準備~

投稿日:2017-08-16 更新日:

~夏は万全の日焼け対策を・・・~

釣りの際によく思うのですが、日焼け対策を甘く考えている人が多いということです。
特にボートでの釣りはほとんど逃げ場がなく、海からの照り返しによる紫外線も強烈です。
熱中症対策に水分や塩分を取ることも重要ですが、最も重要なことは日焼けを防ぐことだと考えています。
温暖化が進み熱帯化している現在の日本では猛暑の期間に日焼けを過度にしすぎると、
体力の消費が著しいことと、その後の痛みや肌へのダメージがとてつもないことになります。
釣りを本当に楽しみたいのであれば、釣行時間中の日焼け対策は、釣り道具を準備することよりも非常に重要であると考えましょう。

~具体的な日焼け対策は?~

最も重要なのは肌の露出を減らすということです。
よく、半ソデ、半パンなどで乗船している方もいますが、はっきり言って自殺行為です。
帽子やサングラスも着用しないで一日釣りをすると、帰りには全身熱傷といっていいほどの日焼けを負います。

そうならないためにはまずは露出をしない服選びが大切です。

露出を減らすためには、やはり長袖、長ズボンとなりますが、30度を超える気温の中、「そんな服は暑い!!」と言う方も多くいると思います。

そうした方にぜひ試してほしいのが「ラッシュガード」「ラッシュトレンカ」という製品です。

ラッシュガード(ラッシュパーカー)

ラッシュトレンカ

フェイスガード 

サングラス


いかがでしたでしょうか?
その他、帽子やグローブなどもお好みで着用したほうがよいと思いますが、個人的にグローブはつけません。
理由は魚を扱った後のグローブは非常に滑りやすく、タックルを落水しかねないという点と、微妙なアタリをとるには素手で感じることが大切だと思っているからです。
意外なこだわりがたくさんある部分ですが、日焼け防止の重要性と予防知識を身につけましょう!

レクタングル




レクタングル




-Q&A, タックル整備, 日々考察
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タックル追加について

ヒラマサキャスティングを本格的に開拓するために装備品を強化です。 スペック リール:キャタリナ15 5000Hスプール:スタジオオーシャンマーク 5000 BGハンドル:スタジオオーシャンマーク 45 …

ライントラブルの原因(スピニングリール編) ~スピニングリールの巻き容量について~

ライントラブルの原因(スピニングリール編) 初心者が陥りやすいライントラブルとして、リールへのライン巻きすぎが挙げられます。 原因としてはリールのラインキャパを知らずスプールぎりぎりまで巻いてしまうこ …

タングステンジグの恩恵 ~特徴と利点について~

~タングステンジグって?~ 昨年からタングステンジグによるスーパーライトジギングが活況です。もともと、イサキやアジ、マダイをジグで狙うというものですが、主にタングステンジグを使った釣りをさしてスーパー …

天候の推移予測と風力への影響~天気の知識はボートフィッシングの重要なファクター~

今回のログでは博多湾および玄界灘の天候についての基本的な考え方、知識体系を掲載しておきたいと思います。(間違っているかもしれませんが地域性と経験値を合わせた情報として捉えてください。情報が予測を保証す …

ショックリーダーの必要性について ~ビギナー脱却の壁~

【ショックリーダーとは】 ショックリーダーは海でのルアーフィッシングを始めると、最も最初に出てくる”なんで?”だと思います。 なぜならブラックバスやトラウトのルアーフィッシングではメインラインの先にリ …

LINE@

友だち追加

feedly+rss

follow us in feedly 

ラージスカイスクレイパー




検索

博多湾ボートシーバス.com