ボート整備

マリンヒンジの交換 ~よく壊れるけどどこで買う?ボートの天蓋の蝶番~

投稿日:2017-10-14 更新日:

マリンヒンジの交換備忘録について(品番:BP-19-1-2-S)

マリンヒンジとはボートの扉や生け簀、燃料スペースなどのハッチを支える蝶番(チョウツガイ)です。
タキゲン マリンヒンジ
海上係留は塩分や紫外線にやられるので数年に一度壊れるのですが、
幸い福岡には直接購入することができるタキゲンの販売店があります。
そしてこの店舗はなんと、九州に唯一ある支店なんです。
タキゲン 福岡支店
購入しに行くと、品番を調べてストックの棚から出してくれる。

部品がたくさんあって僕にとってはおもちゃ箱のように見えます。
そう、タキゲンに就職したいくらいです。
特にステンレス製品は羨望のまなざしで眺めます。
なぜならすげー高いから・・・ドアロックひとつ8000円する・・・。

以前は近くの店舗で購入できたのですが、最近は移転してしまい遠くなりました。
出かけた際などに寄り道して購入するようにしています。
私のボートで標準的に使用しているマリンヒンジは品番:BP-19-1-2-Sで一つ400円程度。
ねじ穴が5mmのものと4mmのものがあって、外観がまったく同じでねじ穴の大きさのみ違う。
購入時間違えないようにしないと、設置のときねじが入りません。

まあそんな時はドリルで広げたらいいんですけどね。
ちょっと面倒なだけで、普通に使えます。

壊れるけど安いから定期的に交換していきたいですね。

船の整備には欠かせない、タキゲンのマリンヒンジ。

ボートオーナはどこかでお世話になっているのでは?

品番記録と購入場所の参考データでした。

レクタングル




レクタングル




-ボート整備
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ボート整備備忘録2018-①

【ボート整備備忘録-①】 【整備項目】 アノード全交換 船底塗料(プラドールZ) エンジンオイル交換 オイルフィルタ交換 ギヤオイル交換 各部グリスアップ 今回は定期整備ということで短時間の整備でした …

【故障→復帰までの道のり】

8月末よりブログ更新が停止しておりまして、ご心配のお声もいただきましたが、エンジンが致命的な故障を起こし換装に時間がかかっておりました。本日ようやくボートが戻りましたので、ブログも復活となります! ボ …

【ボート整備備忘録⑬高圧フューエルフィルター編】

アイドリングの状態でエンジンが振動する状況で、整備を続けています。エンジンオイルの添加剤では大きく回復しなかったため、簡易的な回復をあきらめ、部品交換などをチャレンジしていきます。多分、IAC(アイド …

ボート整備 備忘録 SUZUKI DF-100A ~エンジンオイル交換編~

エンジンオイル交換、自分でやる?他人に頼む? ボート整備は車と違い、水に浮いている分、定期的に整備を行うのが難しいものです。 しかし、海での係留など塩害もあるボートエンジンは非常に過酷な環境で日々をす …

【ボート整備備忘録⑨】

強風のため釣行が中止になり、整備の時間となりました。 以前より気になっていたエンジンの温度低下。 色々調べてみると、「オーバークール」という症状? 購入当初は180℃程度の温度でしたが、(中古なので適 …

LINE@

友だち追加

feedly+rss

follow us in feedly 

ラージスカイスクレイパー




検索

博多湾ボートシーバス.com