タチウオジギング講座

【タチウオを釣るために】

幽霊魚の名は伊達じゃない。突然現れてすぐに居なくなる。タチウオはまたの名を幽霊魚と呼びます。
博多湾では春から夏にかけてタチウオが釣れ始めます。この時期は漁師の人も、こぞってタチウオを狙って船を出しますが、それもそのはず、食味の良さは折り紙つき。あぶり刺しや塩焼きなど、一度味わえば「こんなにおいしい魚があったのか」と感動すら覚えます。
そんなタチウオですから釣り人の方も必死です。ポイントが狭い範囲に限られるため、ボートがひしめき合い、隣の乗船者の声がすべて聞き取れるほど近い位置での釣りとなります。ですから楽しい釣りにするためには、他のボートとのトラブルにならないようにする、というのが最重要事項かもしれません。

【ロッド】

80g程度までのジグが扱えるミディアムクラスのボートシーバス用ロッドで 6feet 前後(1.8m)のものが扱いやすい。
バスロッドでも可。
【おすすめロッド】テンリュウ:BBZ702S-MK

【ココ大切!】
タチウオ専用のロッドもあるが、シーバスタックルで十分釣れえる。お金に余裕があれば専用ロッドを購入しよう。
テレビや雑誌の影響からか、ベイトロッドのイメージが強い。しかし、ベイトロッドでなくてもまったく問題なく釣れる。

【リール】

ある程度のドラグ性能があるもの。ダイワ 2500 番 シマノ 3000 番が標準サイズ。
【おすすめリール】ダイワ:16リーガル 3000H

【ココ大切!】
リールを選ぶ際は1巻きでどれくらい巻き取れるかなどギア比についても考えておく必要がある。
近年ハイギア(1回転で巻ける量が多い)が主流になりつつあるが、ハイギアは巻きが重いという部分もあるので実際に触ってみて購入を検討するほうが良い。
また、ダイワとシマノの2ブランドから選ぶことが多いと思うが、ダイワは堅牢製、シマノは滑らかさが売り。
選択は自分の好みで問題ない。

【ライン】

PE ライン12 ~ 20LB(0.8 号~ 1.2 号)を100m 程度巻いておけば OK !
【おすすめライン】バークレイ:スーパーファイヤーライン カラード

【ココ大切!】
ジグの重さにもよるが、できるだけ細い方が釣りやすくなる。しかし外道で大型のサワラがかかるケースがあり、選択が難しい。捕れるかどうかはラインの号数にもよるところが大きい。

【リーダー】 ※リーダーって何のために必要?

根ズレに強いフロロカーボン。専用リーダーは高いので廉価版で OK !
【おすすめリーダー】クレハ:シーガー船ハリス6号

【ココ大切!】
バイトリーダー(リーダーの先にさらに太いリーダーをつける)14号くらいを半ヒロ結ぶケースもあるが、個人的にはあまり使いたくない方法。それよりも細いリーダー+小型のメタルジグを使う方がアタリが多くなる。リーダーが太くなると小型のジグを使えなくなるので、ジグをロストすることを恐れず、リーダーは限界まで細くしたいところ。

【ルアー】

40g~80g程度のメタルジグを7~8個。頻繁にロストすることもあるのである程度の数が必要。
【おすすめルアー】ダイソー:ジグロック40g

【ココ大切!】
ダイソージグは魚の反応がすこぶる良好。ベイトの大きさなどの関係もあるかと思われるが、博多湾では小型メタルジグのみが釣れているシーンを何度となく見ることがある。価格も100円と激安であり、タチウオのようにロストが多い釣りでも抵抗無く使える。

【フック】

ルアーについてくるフックはあまり信用しない。交換がおすすめ!
【おすすめリアフック】ダイワ:鏡牙フックSS ツインアシスト

投稿日:

執筆者:

LINE@

友だち追加

feedly+rss

follow us in feedly 

ラージスカイスクレイパー




検索

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

博多湾ボートシーバス.com