イサキジギング講座

【イサキジギングで釣るために】

ジグにてイサキを釣る。今流行のスーパーライトジギングに分類される釣りです。
イサキはもともと、エサで釣る魚というイメージが強いですが、メタルジグでもちゃんと狙って釣れます。
最盛期は夏場となりますが、タックルもシーバスタックルなどで狙えるため、手軽なターゲットとして人気があります。また食味に関して言えば、他の魚を抑えて1位~2位にランクされるほどです。
そしてジグで釣れるイサキは大型のものが多いため、味も格別。白子が入っている時期は絶品です。釣り人の特権的な味わいをぜひご堪能ください。

【ロッド】

ミディアムクラスのボートシーバス用ロッドで 6feet 前後(1.8m)のものが扱いやすい。
100gのジグがアクションできれば問題ない。
【おすすめロッド】テンリュウ:BBZ702S-MK

【ココ大切!】
専用ロッドなどは特に必要なく、ボートシーバス用のロッドでまったく問題ない。ボートシーバスようのロッドはガイド径が大きめなのでトラブルが少なくできる。特にトルザイトリングなどを使ったロッドは高価だが、ラインシステムが抜けやすいのでキャスト距離も伸びる。

【リール】

ある程度のドラグ性能があるもの。ダイワ 2500 番 シマノ 3000 番が標準サイズ。
【おすすめリール】ダイワ:FREAMS 3000A(海外版)

【ココ大切!】
リールを選ぶ際は1巻きでどれくらい巻き取れるかなどギア比についても考えておく必要がある。
近年ハイギア(1回転で巻ける量が多い)が主流になりつつあるが、ハイギアは巻きが重いという部分もあるので実際に触ってみて購入を検討するほうが良い。
また、ダイワとシマノの2ブランドから選ぶことが多いと思うが、ダイワは堅牢製、シマノは滑らかさが売り。
選択は自分の好みで問題ない。

【ライン】

PE ライン12 ~ 20LB(0.8 号~ 1.2 号)を100m 程度巻いておけば OK !
【おすすめライン】バークレイ:スーパーファイヤーライン カラード

【ココ大切!】
ジグの重さにもよるが、できるだけ細い方が釣りやすくなる。しかし外道で大型のヒラマサ、ヤズ、サワラがかかるケースがあり、選択が難しい。外道が捕れるかどうかはラインの号数にもよるところが大きい。

【リーダー】 ※リーダーって何のために必要?

根ズレに強いフロロカーボン。専用リーダーは高いので廉価版で OK !
【おすすめリーダー】クレハ:シーガー船ハリス6号

【ココ大切!】
外道の青物も考えるとこれ以上の細いリーダーは使いづらい。あまりに細いと無抵抗のままラインブレイクとなるので、シーバス同等程度でチャレンジするのが賢明となる。

【ジグ】

この釣りの成否を決めるといっても良いほど重要な要素。タングステンジグの威力をまざまざと発揮する。
タングステンジグに関する詳細はこちら。https://seabass.info/2017/08/06/tungstenjig/
【おすすめジグ】BOZLES トウキチロウ ケイムラシルバー80g

【ココ大切!】
小型でありながら水深があっても攻めることができるタングステンジグはこの釣りで欠かせない。値段は高いが、何よりも優先したい。

【フック】

タイラバでも使用している、サーベルポイントを使ってのダブルフックがオススメ。
【おすすめフック】がまかつ:サーベルポイント ナノスムースコートフック
下記ブログに作り方を掲載していますのでご参考ください。
https://seabass.info/2017/09/16/doublehook/

【ココ大切!】
フックは魚との唯一の接点なので、必ず鋭敏な針先を維持するようにする。ヒットやバラシ、根掛りなどがあった場合はチェックして刺さりが悪ければすぐに交換するなどの繊細さが必要。

【キーポイント① スレが早いのでとにかく早く落とす!】

イサキは第一投目の反応がすこぶる良いので、誰よりも早く落とすことが大切。またボートの流れる方向も考慮し、一番初めにポイントに入る人が釣れることが多い。
風下に少しキャストし、着底後すぐにアクションし始めるとあっさりと釣れる。
このタイミングで出遅れると次の反応は極端に悪くなることを覚えておきましょう。

【キーポイント② フォールでのアタリが多い】

ジグのフォールで当たりが出ることも多い魚なので、フォール中はサミングをし、ラインに変化が出た場合、即座に合わせること。
こうした点からもベイトタックルも選択肢に入ります。フォールのアタリだけに限ればベイトタックルに分があるのではないでしょうか?

【キーポイント③ ジグアクションはシェイキングで】

ジグアクションはアジングのフラッシングアクションと同様のものでヒットしてきます。
反射によるアピールはよく反応するようで、細かなシェイキングが良く釣れます。
そして以外に歯が鋭く、シーラインでも細いものは切られることがあるので、ランディングは抜きあげずネットで慎重にすくった方がバラシが少ないです。

投稿日:2017-11-29 更新日:

執筆者:

LINE@

友だち追加

feedly+rss

follow us in feedly 

ラージスカイスクレイパー




検索

博多湾ボートシーバス.com